警察官採用試験の予備校・通信講座選び

警察官採用試験の予備校・通信講座選び

警察官採用試験におすすめな予備校の講座情報です。

 

警察官になるためには筆記試験や面接試験等を突破していく必要があります。

 

間違った学習計画や効率の悪い学習を避け、出来るだけ最短で合格するためには予備校の活用がおすすめです。

 

通学講座について

 

集中的に勉強し一気に合格を目指したい方や仕事を辞めて勉強に集中したい方などにおすすめ!
面接対策なども通信講座に比べ充実しており面接対策の指導をしっかり受けたい方にもおすすめ!

 

通信講座について

 

仕事や部活動などでまとまった時間がなく、予定も立てにくいので、空いた時間で自分のペースで学習したい方におすすめ!
面接対策などカリキュラムの内容、充実度は通学講座に劣る。
通学講座では高すぎるので、出来るだけ低料金で利用したい方におすすめ。

 

 

表を参考にし、詳しい料金や内容等は、資料請求(無料)を行うか、ホームページで確認してください。

 

警察官試験の予備校・通信講座

HP

東京アカデミー

大栄

資格の大原

通信

通学

大卒

高卒

面接

論文

模試

料金

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

 

HP

LEC  

TAC

 

通学

 

通信

 

大卒

 

高卒

×

 

面接

 

論文

 

模試

 

料金

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

 

 

通信講座のみ対応

HP

ユーキャン  

クレアール 

ヒューマンアカデミー 

通学

×

×

×

通信

大卒

高卒

×

×

面接

DVD等

テキスト等

論文

模試

過去問あり

過去問あり

 

料金

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

 

予備校は、次のポイントを比較しましょう。

講座の形式と試験区分 ・・・ 通学・通信講座や高卒(警察官B)・大卒程度(警察官A)

サポート内容 ・・・ 面接対策・論文対策・模擬テストなど

学費(受講料金) ・・・ 資料請求やホームページで詳しく確認する。

 

警察官になるためには予備校は必要?

 

予備校を活用するメリット

 

  1. 無駄のない効率良い学習
  2. 無理のない学習計画
  3. ムラのない学習の継続

 

警察官になるためには予備校や専門学校、通信講座を活用したほうが遠回りを避ける事ができます!

 

結局頑張るのは自分自身ですが、警察官試験(公務員試験)は非常に範囲が広く、完全に独学の場合はなかなか的を絞れず「こんな量の勉強やる気にならない。」となってしまいがちです。

 

また、近年は非常に安定した職を求める方が多く非常に人気でライバルが多い(競争率高い)んです。

 

警察官(公務員)試験で重要なのは

 

勉強の質と量

 

この2つを限りなく高めてくれるのが予備校です!

 

 

やはり自身の努力に加え予備校を活用し、公務員試験に合格するためのちょっとしたコツを組み合わせることで勉強に対するモチベーションが上がります!

 

独学に比べ学費もかかりますが、本気で警察官を目指すなら予備校の活用は非常におすすめです!

 

社会人で働きながら目指される方やクラブやバイトで忙しく予備校に通えない方は、自分のペースで勉強しやすい通信講座も良いでしょう!

 

 

警察官は独学で目指せる?

 

警察官の試験の難易度は消防士の試験と同じくらいの難易度です!

 

公安系の公務員を目指される方は警察官と消防士を併願される方も多いですね。

 

両方とも独学で合格される方ももちろんいます!

 

警察官(公務員)の試験は非常に範囲が広いです。

 

ですから、独学で大切なのは勉強の効率と集中力の維持です!

 

ただ、受験する自治体のよって試験問題の難易度が違います。

 

勉強慣れしていない人が試験が難しい傾向にある自治体の試験を完全独学で目指されるには相当な努力が必要となります!

 

逆に、問題が比較的簡単な場合は独学でも同じくらいの対策が可能かと思います!

 

勉強に自信がある方は独学でチャレンジしてみる価値はありますが通信講座くらいは活用して少しでも効率を上げていきたいですね!

 

独学で目指す場合の注意点

 

  1. 全てを完璧に覚えようとしない(範囲はかなり広いですから、ある程度は的を絞り、全て中途半端にならないように注意!)
  2. 無理のない学習計画を立てる!(出来ないような計画は立てない。忙しい方は空いた時間を活用、ペースをしっか作る)
  3. ムラなく学習を継続する(とびとびやっているとなかなか記憶が定着しません。毎日少しずつでも勉強を進めていきましょう。)

 

警察官

 

警察官採用試験や予備校に関する質問(Q&A)

警察官の採用試験って何歳まで受験できますか?

自治体にもよりますが29歳〜35歳位です。詳しくは受験される自治体の募集要項を確認しましょう

 

警察官の身体基準があると聞きましたが?

自治体により多少誤差があるとは思われますが概ねの参考にしてください。
概ねと記載されているため、多少は柔軟に対応されると考えられます。
身長
男性警察官
身長160cm以上、体重47kg以上、胸囲78cm以上
女性警察官155cm以上、体重45kg以上、
視力
両眼とも裸眼視力が0.6以上
または矯正視力が1.0以上
色覚正常
聴力正常
その他
身体に職務遂行上支障のないこと

 

予備校に行くか独学にするか迷っています

予備校向き

 

しっかり勉強したことがない方や、現在の学力に自信がなく、勉強も基礎からしっかり学習し、合格力を確実につけたい。

 

面接試験もあまりに受けたことがなく、自信がない。

 

年齢制限が間近で確実に合格したい。(しないといけない。)

 

独学向き

 

基礎学力に自信がある。

 

面接試験も何度か受けたことがあり、基本マナーなどはわかっていてなんとか対応できる方だ。

 

仕事もしているし、年齢制限までに合格出来れば良くあまり焦っていない。

 

年齢制限もある等、少しでも早く確実に合格したい方は予備校を利用される傾向にあります。

 

しかし、予備校は料金もかかりますし迷われる方もなかにはいます。

 

勉強に自信がある方や自分で対策を立て効率良い学習ができる方は筆記を独学で合格される方もいます。

 

そんな中でも市販のテキストを使うよりかは予備校のテキストを使ったり、通信講座を利用することで効率よく学習できるでしょう。

 

また、警察官の試験は人物試験もウエイトが高く、面接試験に自信がない方は予備校で面接対策をしっかりされて自信を持って試験に挑んだ方が良いでしょう。

 

どこの予備校を選んだら良いのか決まりません

 

予備校に行ったら合格出来るというわけではなく、結局、自分自身の努力は不可欠です!

 

非常に試験範囲や対策内容が多い公務員試験の中で求められるのは無駄のない効率良い学習であります。

 

そこで予備校を活用することで、間違った学習を無くし、遠回りを避け、正しい方向へ導いてくれます。

 

通学では同じ目標を持った仲間が出来ることでモチベーションアップの効果や受験や採用に関する情報をキャッチしやすくなるでしょう!

 

どこの予備校へ行ったら合格出来るとか落ちるというものではありませんし、予算にもそれぞれ違いもありますし、ご自身の近くで通学しやすい場所や人物試験のサポートをどれぐらいして欲しいか位の気持ちで選ぶと良いと思いますよ!

 

 

予備校の詳しい情報を知るにはどうしたら良いですか?

ホームページをみるだけではなかなか欲しい情報がのっていなかったり、その情報にたどり着かなかったりします。
その際には、検討されている予備校に資料請求すれば無料で詳細が書かれた資料が届きます!
パソコンより資料をみると比較検討がしやすいという方も多いです!
また、模擬テキストや模擬授業がホームページに載っていたりしますので、そこで受講のイメージも出来ます!
興味がある予備校のオープンスクールなどにも足を運んでみたり、電話で詳細を確認するのも良いでしょう!


 

表を参考にし、詳しい料金や内容等は、予備校へ資料請求(無料)を行うか、ホームページで確認してください。

 

警察官予備校・通信講座

HP

東京アカデミー

大栄

資格の大原

通信

通学

大卒

高卒

面接

論文

模試

料金

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

 

HP

LEC  

TAC

 

通学

 

通信

 

大卒

 

高卒

×

 

面接

 

論文

 

模試

 

料金

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

 

 

通信講座のみ対応

HP

ユーキャン  

クレアール 

ヒューマンアカデミー 

通学

×

×

×

通信

大卒

高卒

×

×

面接

DVD等

テキスト等

論文

模試

過去問あり

過去問あり

 

料金

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

HP確認

資料請求

 

 

各予備校の概要はこちら

 

 


予備校資料請求 各予備校の概要